登坂隊朝練

INADYさん主催の柳谷長岡京側朝練に参加。
他にはmerulaさん、maechanさん、Hさんが参加。
merulaさんが動画を撮っていたので自分も頑張って前を牽くけど、どうしてもカメラ役が先頭になってしまうw
観音先の直線でmerulaさんが加速してINADYさんが切れ、最終区間半ばで自分も抜き去られ一気に10秒付けられてしまった。
とは言え初の14分切りを達成。
ただ自分が前に出ていたのは5分ほどで、単独でこれを出すのは結構難しそうだなぁ^^;

その後は流れ解散しながらINADYさんと樫田周回へ。
案内役でずっと引いてたせいもあるけどクリーンセンター坂でも二料でもINADYさんのスプリントに粉砕される。
アタック・スプリント力はちょっとは改善しないとなぁ…。

明日は富士ヒルでこっちからも何人か行くけど、雨降りそうですねぇ。
無事降りてこられるといいですが…。
自分の今の実力は68~70分だと思うけど、ゴールド取るには柳谷12分で走る出力で走り続けないといけないのでハードル高い。
取れる見込みが立ったらもう1度だけ出ようかな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

六甲とハブメンテ

東風予報だったので今日も六甲。
しかし、あまり追い風はなく信号運も悪くて40:40ほど。
ペースも先々週より悪いし…まあ昨日頑張ってるから仕方ないか。
しかし今日は登ってる人多かったなー。

帰ってきてからは比較的難易度が高いと言われるBoraのハブメンテに挑戦。
とりあえずフロントだけ。
マニュアル探したけど結構いい加減なのしかなくて
ググった時にトップに来るブログ記事が超参考になった。
8000㎞位乗ってると思うけど中は全然綺麗だった。

01c350b50323a98d591ea621fd51de7a964edbb94e.jpg
無事完了して慣らし中。
回転はスムーズになった…気がする…。
リアは来週末かな。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

柳谷

今日も11:30で走る電子の幻影を追う。
やっぱり後半遅れたけど11:41で8秒更新。
美ヶ原までに30秒切れるだろうか。

20180602001.jpg

ベランダのイチジクの実が大きくなってきた。
今年は数も結構生ってるしジャムとかも作れるかな。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

ヒルクライムin若杉2018

今回初参加のダルガ峰と同じ岡山県サイクルスポーツ協議会が主催するこのレース。
コースはダルガ峰の下山ルートで平均速度20km/h近い自分が苦手とする高速コース。

20180527001.jpg
珍しく減量に成功し今年一番の軽さ。
去年のゆう直前はこれくらいで気管支炎になったけど暖かければ問題ないな。

ダルガ峰は毎年Kentaroさんに便乗させてもらってたけど、今回は単独なので相生に宿を取って前日出発。
しかし、乗った播州赤穂行き新快速が明石で緊急停止&遅延→姫路で運転打切り。
後発は激混み間違いなしでとても自転車を乗せられない…

20180527002.jpg
ならば、と咄嗟のひかりに飛び乗った。
一駅8分で860円だが自転車壊されるよりは安いもんだ。
無事相生に到着したけどレース始めて以来一番酷い輪行だった^^;
(人生で一番酷い輪行?大学時代にやった18きっぷで東京から1日で九州入りだよ)

当日は始発で智頭急行の大原へ。
ふと出発前に駅のトイレに行ったら何とググっても出てこなかったコインロッカーがそこにある!
しかも100円が帰ってくるタイプのサービスっぷりに帰りに気が付くw
ありがたく荷物を軽量化させて頂き、8km自走ウォームアップして会場へ。

知り合いはダルガ優勝のSさんやhammerさんが参加。
吉野大峰のラストで自分がばっちり移っている動画を撮っていた伏見のPUNK WORKS JAPANのAさんにも挨拶出来た。
年代Bは大本命のM選手、Sさん、Aさんの他2人は速い人がいるため表彰台は無理。
目標は年代5位か。
作戦は細かいことは抜きで先頭集団に付いていく!
でなければ勝負する資格がなくなってしまう。

最前列でスタートしたもののクリートキャッチをミスり少し後退。
何とか10番手くらいからマーク選手を前に見ながら追撃開始。
中切れが発生したのですかさずブリッジ、これで先頭は5人に。
ここから2.5km地点でM選手がアタック、それを追ってSさんともう1人が飛び出していく。
さらに後ろ目スタートで出遅れていた強豪Kさんが追い付いてきてパスされる。
ここからは延々Aさんと互いに腹を探り合いながらのランデブー。
下りに入って少し差が付いてしまうが登り返しで追い付く。
しかし残り700m、後ろからスパートしてきた年代Aの選手に抜かれ、一瞬反応するがまだ距離があるしと躊躇。
そのダンシングからシッティングに戻した隙を突かれてアタックしたAさんに千切られ試合終了。
吉野大峰1分差の実力差はもちろん、勝負勘の無さというか気持ちの弱さで負けました。

こうしてずっとAさんと走っていたらどうなるか…


バッチリ撮られてました(サムネまでゲット)w
やられたアタックは600Wとか…降参です。

一応結果は年代5位で目標達成。
ただしM選手が総合優勝で年代順位が繰り上がっているのと、Sさんと飛び出した年代優勝の人が情報知らなくてノーマークだったので結構危なかった。
先頭集団最下位だけど後ろとは30秒あって、やっぱり最初は突っ込んどいて正解だった。
計算上も相当ドラフティング効いてるし。

表彰式では一昨年のダルガでスプリント負けした人にも挨拶。
奇遇にも同タイムの総合8,9位、同じような成長の仕方してるw
今回はこの人はAクラスで2位だったけど9月のダルガでは歳が上がってBになるとのことで直接対決が楽しみだ。

次は今年最大のレース、ツールド美ヶ原。
1か月あるのでしっかり仕上げていくぞ。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

バーチャルパートナーを魔改造

ペース管理の重要性というのは誰もが認識していることだけど、特に自分はそこにこだわってレースや普段のTTをやっている。
今まではステムやトップチューブに0.5~2km刻みの目標ラップ表を張り付け、それを見ながらペースの上げ下げをやっていた。

20180520001.png
吉野大峰でもこんなラップ表を貼っていた。

しかしこれ、かなり視線を下げなきゃいけなし、揺れてて列が分からなくなるしでとにかく見づらい。
しかも次のポイントに到達するまでの間は当然状況が分からない。

自分の進行状況をもっと見やすく、しかもリアルタイムで把握できないか。
それを可能にしたのがガーミンのバーチャルパートナー機能だった。

その機能の一つとしてこちらで紹介されている通り、Stravaに公開されている実際の走行データを読み込ませて表示することもできる。
もちろん特定セグメントのみを切り出したり、ペースをパーセンテージで上下することも可能だ。

だが自分はこれでは満足しない。
目指したのはバーチャルパートナーを自分がシミュレートした理想的なペースに書き換えてしまうこと。
元々独自のデータ解析のためにGPXやTCXのデータをExcel上に書き出すことをしていた。
それを逆に使ってExcel上で計算した理想タイムでTCXの実走タイムを置換。
これで完璧なペース配分をしてくれるバーチャルアシストが完成というわけである。
(ただしこれはログデータのタイム改竄以外の何物でもないので詳しいやり方は言えません)

91.jpg
ガーミン上の表示は地図上位置表示、先行距離または時間が使えるが自分はアタック用のページに先行時間を表示させた(元はラップNPだった欄を変えた)。


一昨日、早速柳谷朝練で実証実験。
11:30という今のベストから20秒も速い超努力目標を設定w
スタート通過直後にどうも初期のラグのせいか10秒ほど先行される。
まあこれが初期値と分かっていればいいので間隔を維持していく。
とはいえやっぱり付いていけないペースで中間地点から遅れ始めて最終的には25秒差。
ただリアルタイム状況把握という目的は見事に達成することが出来た。


そして今日は六甲。
設定は今年前半の目標の40:00。
幸運にも足を付く信号ストップは全回避でき、オートストップでのズレはなし。
面白いのは勾配が緩んだ所はやや理想タイムが遅く、逆に登り返しなんかでは理想タイムが速くて間隔が開く。
そんな癖も確認しつつ10~20秒遅れくらいで推移。
最後はスパートしたけどピッタリ使い切った感じで脚がなく、結果は40:08とあと一歩届かなかったものの55秒という大幅更新に成功。

fc2blog_201805201502158bf.png
前の記録は中盤いきすぎでタレてたな。

今までのデータ蓄積・ペース計算研究があってこそだけど、これはすげーモノが出来たわ…。
次の若杉は多分出番はないけど、美ヶ原はかなり効くだろうし試すのが楽しみだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR