Mt富士ヒルクライム2017

車坂のデータからシミュレーションに標高による大気圧変化要素を加えた(詳細については今回の富士ヒルのデータも含めて後日書こうと思う)。
計算された予想タイムは210W出して73分半。
シルバー達成は十分可能だが思った以上に余裕がないことが判明した。
ただ車坂、吉野大峰、六甲自己ベストの3つのデータからの判断だったので正確性に確信は持てず。
とりあえず70分で立てたラップ表参考に臨機応変に集団乗車する作戦にした。
木曜は柳谷で11分台が見えるような自己ベストを出せてコンディションは上々。
だが、コース予習で見た動画の自転車の川を掻き分け進んで行く光景にどこか不安を覚えた。

6時前に家を出発。
新幹線も横浜線も富士ヒル参加者と思われる輪行ライダーが数人いて嫌な予感。

IMG_0915.jpg

案の定成田エクスプレスのデッキには自転車の山が…。
折角取った最後列も既に別の自転車が捩じ込まれていて、安直過ぎる列車を選んだことをかなり後悔した。
それでも何とか富士吉田富士山に辿り着き会場で受付。
この時点で人の多さにウンザリしてしまいモチベーションが下がるが、『絶対に明日シルバー取って来年からは他のレースに行ってやる…!』と気持ちを切り替える。
月曜道上からの参加はいつものタクさんシンヤさんで、EXPO会場で合流。
やまちゃんやkameさんにも挨拶したかったが結局大会中は見つけられなかった。

二人と別れ会場から西に12kmほどの宿泊地を目指す。
車坂の失敗を繰り返さないよう獲得標高200mほどのアップダウンの続く樹海沿いの裏道を流して体を標高に慣らした。

IMG_0920.jpg

当日は軽量化に時間が掛かってしまい、会場入りしたのは5時半前。
先に会場預かりの荷物を預けたはいいが、何を思ったか一度出口から公道に出てしまい下山荷物預けは本当にギリギリになってしまった。
荷物預かりの時間がヤバいとは聞いていたがその理由が人が多すぎてトラックまで辿り着けないからとは思わなかった。
陸上競技場の工事の影響も大きかったようだが1万人もいると仕切る方も大変だわな。

だがレースが始まってしまえばそれまでの気分なんて関係なく、少しでも速く走るために案外集中できてしまうものだ。

スタートラインを切ってすぐは無理のない範囲でポジションを上げていく。
すぐに丁度いいペースの目立つオレンジ色のジャージの人が来て、その後ろに付かせてもらう。
周りも冷静に見れていて、混雑した序盤を乗り切った。
しかし10kmまでは予定の70分ペースを維持できていたのだが、そこからガクッとペースが鈍って遅れ始める。
後でデータを見るとパワーのタレはなく、どうやら進路が南になったことでもろに向かい風になったためのようだ。
そこからは後ろから来た速い集団を後退しながら乗り継いでとにかく耐え続ける。
残り3kmを67分で通過、シルバーは行けそうな感じ。
平坦区間は追い風で単独でも40km/h出る状況だがその分絶対パワーのない自分は後ろからバンバン抜かされるし、付き位置も取れない。
ラストの7%で抜かれた分とはいかないものの何人か抜き返してゴール。

図1

結果は予想通り212Wで73分半。
順位は年代で9%くらいと実力通りといったところ。

月曜道上組はシンヤさんが74分でシルバー達成。
タクさんは残念ながら一歩及ばず。

IMG_0923.jpg

初出場の富士ヒルだったが、コース的にも気持ち的にも自分の苦手なレースだった。
コースは自分には斜度が緩すぎて70分切りやゴールドは簡単ではないなと。
今年は最速タイムが出ている以上向かい風は言い訳にしかならないが、月曜道上組で一番重量的に不利なシンヤさんが好タイムを出したところを見ると、PWRより絶対出力がものをいう部分が少なからずあったようだ。
気持ち的には人が多すぎてイライラして落ち着かなかったし、協調したり競り合ったりして一緒に走った人たちがいつもより『大勢の中の誰か』のような薄まった印象になってしまうのが残念だった。
自分がもっと速くなって大勢ではない領域の中に行けばいいだけなのだけれど。

富士ヒルはシルバーが獲れたのでたぶんこれが最初で最後。
今後6月は富士国際か美ヶ原にしようと思う。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR