CS-R8000考察(訂正)

新アルテグラがR8000シリーズとして発表された。
その中で自分が注目したのはスプロケットだ。
既存の構成の他に14-28Tと11-34Tという見慣れないラインナップが追加された。
この2つのスプロケットがどういう物なのか予想してみる。

まず14-28T。
こちらは言うまでもなく国内ヒルクライムレースをターゲットにしたロー側クロスレシオだろう。
一般的に既存のサードパーティ一製品の構成は
12-14-16-18-20-22-24-25-26-27-28。
それに対してシマノはトップをさらに1段削ってきた。
構成は14-16-18-20-22-23-24-25-26-27-28あたりか。
12Tがなくなってインナー固定だとちょっとした下りが面倒になるが、そこは『シンクロシフトを駆使してアウターに入れてね』ということなのだろう。
ロークロスは自分はサードパーティ一のアルミ切削品を去年まで使っていたが変速性能に不満を感じて使わなくなった。
歯の形状はもちろん、断面がふつうは八形のところがお椀形になってしまうことに難しさがあるように感じる。
その辺純正品がどう改善してくるか期待している。
と思ったら元々あるハイクロスのジュニアカセットかよ・・・。
期待して損した。

次に11-34T。
こちらは今までにないスーパーワイドレシオだ。
おそらくワールドツアーレースにあるような普通にロードレースをしている途中に突如20%オーバーの激坂が現れるようなコースを想定しているのではないか。
構成は11-12-13-15-17-19-21-24-27-30-34と推測される。
計算したところワイドと言っても意外とギアの繋がりは良く、むしろ一般ライダーにとってもペースに拘らないアップダウンの激しいロングライドなんかに使う分には有用なのではないだろうか。

シマノはとりあえず9100グレードでロークロス出して。
出ないなら出ないで今後自分は主戦場を激坂レースに絞っていくことも考えているので、もしかするとCS-9100 11-30Tは導入するかもしれない。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR