車坂峠ヒルクライム2017

5月2連戦の第2戦、車坂峠ヒルクライム。
今年はハルヒルの裏ということもあり、去年のリザルトを見る限りトップ10を狙えるチャンスはあるのでは?と考えていた。
というかこの日は碓井峠を挟んだ東西でレースやってるのね。

土曜は10時前に家を出て京都、名古屋、篠ノ井を経由。
しなの鉄道は学生の帰宅と重なったせいか結構込んでいたが16時前に無事小諸に到着。

宿で一休みして食事に出たがどうもぼーっとした感覚がある。
あ、知ってる、これ空気が薄い所で出る症状や・・・。
何せ小諸駅で既に650mもあり、吹いてくる風も明らかに軽い。
少しでも体を慣らそうとゆっくり駅周辺を散策して宿に戻ったが状況はあまり変わらなかった。

当日は不要な重量物を小諸駅のコインロッカーに預け会場へ。
今回の会場は何と1000m地点にあり駅から6kmでさらに350m登らなければならない。
脚を使ってしまわないよう注意して移動したが、意外と脚の調子はいい感じ。
スタート地点で地元テレビのインタビューを受けたりしたが、この時はまだ自信満々だった。
GWの六甲と大峰の結果から240Wを45分出せていて、目標タイムの46分台を十分達成できる計算だったからだ。

9時半の第1スタートの40歳未満組でスタート。
スタートした直後には緩斜面があるのでトレインに乗り、本格的な登りが始まった所で240W維持のペースに切り替える。
このまま距離を削っていく・・・はずがどんどんパワーが落ちていき、最終的には200Wさえ保てなくなった。
原因は低酸素以外の何ものでもない。
やはり一晩で順応できるものではなかった。
最初からもっと緩いペースで行っときゃ良かったと後悔しても後の祭り。
同組&40オーバー組数人に抜かれながら何とかゴールに辿り着いた。
タイムは50分、惨敗だ。
長野の人、テレビで自分の姿が流れたら笑ってやってくれ。

IMG_0848.jpg
自転車最高到達点を美ヶ原の1896mから1973mに更新。
まあ来月は2300mまで行くんですけどね。

豚汁やバナナを補給するも空気が薄すぎて全然回復する気がしないのでさっさと下山することに。
下山は中間地点で全員数分の強制ストップ。
これは握力の回復やリムの放熱ができて実にありがたい。

結果は30代13位(15%くらい?)、全体では10%くらい。
このタイムでいつも通りの位置だったのは、つまり低酸素の影響は平等だったというとことか。
大気圧は標高1000mで平地の9割、2000mで8割なので、データを見るとそれに見合ったパワーの落ち方をしたような感じだ。
それからドラフティングが効かない感覚があったが、確かにパワー解析から算出した空気抵抗係数はかなり低く出ており、高地ではいつもとは違った考えで走る必要がありそうだ。
貴重なデータを得られたし、この失敗は次の富士ヒルと来年のリベンジの糧にしたい。

IMG_0863a.jpg

帰りのしなのは松本のあづみのセンチュリーライドとのバッティングで荷物スペースの争奪戦状態に。
他の車両の最後列は空いていたようだが・・・。
どうも最後列指定すると同じ号車に固めるマニュアルがJRにはあるのだろうか?
次からは他の号車を指定した方がいいかもしれない。

帰りは疲労でヘロヘロだったのに、今朝起きたら全然疲れておらずすっきりした目覚めで驚いた。
そりゃあ全然筋肉は使ってないもんなぁ。
一回高地合宿とかしてみたいもんだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR