ダルガ峰に向けて~GPSパワー解析とペース管理~

自分の次のレースは岡山のヒルクライムinダルガ峰。
12kmながら10%が延々続く難コース。
しかし、奈良のレースなんかに比べればレベルは少し落ち、小規模でクラス分けも細かめなので相対的に順位は上がる。

Stravaからコースデータを引っ張ってきて、excelで組んだ独自のパワー解析シートに取り込んでシミュレーション。
その結果、予想される自分のタイムは42分前後といったところ。

過去のリザルトを見ると42分台なら、形だけだがシングル順位なら十分狙える。
さらに参加者次第だけど41分台に入れば5位とか、かなりいい線まで行く可能性もある。
取らぬ狸のなんとやらかもしれないが、トレーニングへのモチベーションは爆上がりだ。

8/28
まずはダルガとプロフィールの良く似た六甲逆瀬川で現状確認。
過去2度の挑戦で学んだことは、とにかく前半抑えないと後半の急勾配でタレる。
抑えて、抑えて、あげるのは宝殿の料金所から。
上の方はガスってて視界は30mほどか?美ヶ原の時よりもひどい。
片側通行のところで追い付いたブルべマンな方と最後は競り合ってタイムは44:03。
3月以来だったので大幅更新したが、データを見ると抑えたつもりもまだ前掛かりだった。

なら、フラットペースなら速いのか?と思い始める。
ペースを一定に保てというけど客観的なデータを基に走ったことはなかった。

9/1朝練
そこで、自作のパワー解析シミュレーションをもとに柳谷を250W一定、12:54で想定し、500m毎のタイムテーブルを作ってこれに合わせて走ってみた。

距離/km  タイム   ラップ
0.5     0:01:00
1      0:02:24  0:01:24
1.5     0:03:29  0:01:04
2      0:05:01  0:01:31
2.5     0:06:33  0:01:32
3      0:08:18  0:01:44
3.5     0:10:01  0:01:43
4      0:11:32  0:01:30
G      0:12:54  0:01:21

ほぼ予定通り進行するも最後は少し遅れた。
タイムは12:59と通常ホイールベストを5秒更新。決戦C24TUベストもあと2秒だ。
平均パワーは241Wから248Wと大幅に向上していた。C24TUなら12分半に近いタイムが出そうな値だ。
自分のパワー解析では「パワーは時間に対して一定低下していく」としてシミュレーションしている。
この減衰率が、前記録は0.09W/sだったのが0.02W/sになった。
やはり前半で稼ぐよりも一定で行った方が速いのだ。

9/3
近場で唯一登りのみで10kmオーバーの上福井〜天狗岩でTT。
今度は前半緩斜面225W、後半240Wのペースで1km毎のペースを設定し、
ガーミンのオートラップを活用しながらアタック。
前半の緩めのペースに少し気持ちを抑えきれなかった部分はあるものの、
233W、減衰0.002W/s(後半上げてるので本来マイナスにならなければならないが)で32:50という好記録。

9/4
再び柳谷TT。
今度は十分体の起きた夕方に一本。
またしても前掛かり気味になるも今回はしっかり後半に足が残り、
250W、減衰0.04W/sで12:48と9秒もの更新。

2016-9-4_23-14-42_No-00_2016090423293881d.png

パワー解析excelはこんな感じ。
ぐちゃぐちゃだけど実測と計算の距離-タイムグラフはあってるでしょ?w

今までいかに前半焦っていたのかがよくわかった。
計算通りに走ると本当に前半がぬるくて、タイムテーブルがなかったら絶対に気持ちを抑えられない。
また新しい走りの世界が見えてきた。
こうなるとパワーメーターがマジで欲しい。
冬のボーナスで買っちゃおうかな…。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ペダリングモニター もうすぐキャンペーンで安くなるみたいで買おうか悩んでます。
えんちゃんこんな解析するんなら
買わなあかん!ww
プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR