NEWマシン

GAN Sはやはりフレームが重くコンポで何とか軽量化してきたがそれも限界。
軽量フレームへの乗り換えを決意した。
ただGAN Sはいい先生だった。
ガチガチの剛性に最初は完全に体が負けていたが、乗り込むうちに体幹が鍛えられパワーを推進力に変える方法を教えてくれたような気がする。

ニューマシンの候補は軽量・高剛性でパーツ流用可能な点を重視し、早い段階でフェルトFR FRD、キャニオンultimate cf EVO、トレックEmonda SLRに絞れていた。
第一希望はFRDだったのだが、なんと2017モデルが結局日本に入ってくることがなく、2018モデルも全く入荷が未定とのことだった。
EVOもXSサイズの納期が来年 6月とかなのでNG。
消去法的にEmonda SLR 2018モデルに決定。
お店で尋ねたら、注文したら1か月くらいで来てしまうらしく、バイクフィッティングも費用こみこみで受けられるそうなのでこれにしようということになった。
ちなみに自分の初ロードはトレック1.5のアルミだった。
こいつは盗難にあってしまったのだが、後継にも1.5を中古で買い、今はローラー用になっている。


フィッティングでは各部の長さや稼働域とかの測定のほか、プランクとスクワット、カーフレイズで筋力も見られたが、余裕の上級基準値オーバーで驚かれるw。
HCレース出てますとは言っておいたんだけど、軽量クライマーって筋肉量少ないからね。
問題は左足が長く骨盤も左上がりで、パワーの左右差が53:47くらいで左寄りということ。
膝の位置とか自覚あるぐらい左が内側だったのでやっぱりなぁという感じだった。
今年のサイクルモードライドのパイオニアブースでペダモニ見たときは、左右差はキッチリ揃ってたはずだけどパワーアップの過程で歪んでしまったか。
クリートの前後位置に段差をつけてもらい左右差・脚の回りは確かに良くはなった。
現在はさらに右に2mmのクリートスペーサーを入れ、かなり均等な感覚が得られてきている。
あとポジションではかなりコンフォートな感じのステム長80‐ハンドル/サドルドロップ30を提案されたが、さすがに出力と空力面を考え現ポジションの100‐50で行くことにした。

IMG_1054.jpg

フレームは無事納品され組み上げ開始。
組むといってもeTapなのでワイヤールーティングと変速調整に時間は掛からない。
しかもブレーキワイヤーの長さが余裕で足りてしまい、コクピットはバーテープすら外さないままステムごと移植して終わり。
意外と苦戦したのがダイレクトマウントブレーキ。
取付冶具で位置決めされているはずのネジがなかなか入らない。
ネジ穴舐めるのが怖くて慎重になったので結構時間がかかった。

IMG_1056.jpg

ガーミンマウント・ボトルケージ×2ありでこの重量…やべぇなw。
一応走れるようにはなったもののサドル破損以上の重大な問題が発覚。
応急処置的に走れるようにしてるけど、現在対策中…。
この部分も中期的に手を入れる個所だったから行っとけで計画大幅前倒ししたけど、散財しすぎで泣ける。


シェイクダウンは仕事で問題があり土日出勤が確定した代わりに休みをもらった金曜に。
当初は柳谷のつもりでいたけど、台風で路面状況が危なそうだったのと、しばらく平坦でトラブルチェックをしたいということで木津川CR~大正池へ。

走り出してすぐにハンドル高いなぁと感じる、スタックはGAN Sよりも下げているはずなのに。
ダンシングのバランスはいいので、クリートスペーサーを入れた影響でサドルの方が低すぎになったか。
ただ自分は左肩に負担が掛かりやすい癖があったのだが、それは全くなかったのでハンドル回りは取りあえず弄らない方向で。
他には特に問題も出ず木津川CRを抜け、大正池アタックは12秒更新で20分切り達成。
路面が心配でやや抑えたため、前回ベスト時より5Wもパワーが低くく終盤までほぼ同じペースだったが、ラストの8%700mで軽量化効果を発揮して全部持ってったw。
帰って分析したところ今のベストコンディションだったら19分前半に入る計算だった。
本当は激坂の犬打峠もやりたかったが、和束方面は通行止めで抜けられず帰還。

IMG_1062.jpg

ポジションは前とほぼ揃えているので全体的に大きな違和感はなく乗れてしまった。
軽さによるピーキーさもほとんどなく、よくまとまったフレームだと思う。
その中で感じた違いは、

・圧倒的な軽さと十分な剛性。BB90も異音は心配だが剛性は素晴らしい。
・若干フォークの剛性の低さは感じる。
 ステアリングが弱アンダー気味に(GAN Sがオーバー傾向だったので余計にそう感じる気がする)。
 ブレーキのフィーリングはいいが、下りのブレーキングだと少し頼りなさがある。
・登りも平坦もGAN Sに比べて体感速度が低い(遅いと思っても意外と速度が出ている)。
 振動吸収が良くなってスムーズに走れているせいか。やっぱGAN Sが硬すぎた。
・35km/h以上の伸びはやはり劣っている。一方で30km/h弱出るような緩斜面はかなりのスピード感がある。
・リアがバンプしたときに横に流れやすい。こればかりは軽さのデメリットが出て大きく跳ねてしまっているようだ。

といったところ。


レースまで後2週間、違いに慣れて走らせ方のスィートスポットをどこまで掴めるか。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ダブルブッキングとZwiftレース

週末の台風のせいで関西各地の道路もやられてしまったようで、6峠HCラリーは19日に延期との連絡が…って、ゆうと被っちまったじゃねぇーか!
また天気とか不測の事態がなければ今回はゆうかな。
というか岩国の方は台風の影響ほとんどなかったのね。

その週末はどうせ外は走れないし…と、今更ながらZwiftレースに参加してみた。
とにかく登りがないと勝負にならないのは明白なので、そういうコースレイアウトのやつを選択。
金曜日はZHR Up & Down Raceというその名の通り峠を登って下っての1週レース。
はじめは集団内にいたものの上位は外人さんパワー炸裂で登りでもあっという間に先に行かれる。
頂上手前で何とか抜け出して日本人と7位グループ作るも、終盤アイテム使った瞬間パワー信号が飛んで脱落。

IMG_1051_20171025232851155.jpg
高取から3連続8位とかw。

それならと日曜はAsia Sunday KOM Raceという金曜の前半登り部分だけのやつに。
しかし、今度は逆にジャパニーズクライマー爆発で8位までで6人日本人?
トップとか乗鞍上位の選手やし…。

IMG_1058_2017102523285322b.jpg
自分は粘りの走りで何とか最後に一人かわして4位。
今回は去年のダルガで知り合った人がいたり、かわした人はその人の知り合いだったり、世の中狭いっすねぇ。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

再始動

といっても止めてたわけではないんですが。

高取城の好走から一転、表彰台を狙ったダルガ峰は8位惨敗。
想像以上に参加者のレベルが上がったとか緩斜面で単独+向かい風になって失速したとかあるけど、 自分の調子が悪すぎての敗北だったので気持ちが折れかけた。

それでも翌々日からトレーニングは再開。
とにかく練習量を上げようと、Zwift練の時間と強度をアップ。
やる気になれば一気に伸びるもので、柳谷11分台(STRAVA体重別1位)とか六甲逆瀬川1分以上更新の41分ちょいとか着実に成長している感じ。
特に六甲は一カ月半で平均パワーが15Wも伸びるとか、今までがサボリすぎだったんだなぁ。
とはいえオーバーワークは故障と背中合わせなので脚の調子を見ながら慎重に負荷を上げてます。

次は奈良7峠HCラリー(大会名は7だが今年は6区間になったらしい)。
6位以内の入賞は難しそうだけど、区間10位までのポイントは確実に稼いで存在感は示したいなぁ。
さらに今年のラストレースとして急遽山口のツールドゆうを入れた。
主催者選抜クラスがあるので上位が引き抜かれれば、シミュレーション上今度こそ年代表彰台はいけそうだ。


~その他最近の出来事~

・ガーミンEDGE520J故障
ダルガ前に510Jから520Jに乗り換えたのだが、一か月たたないくらいからGPS精度が著しく悪くなってしまった。
開けた平地でも余裕で100mくらいずれてしまい、上記の六甲ベストがSTRAVAに載らない始末。
堪らず修理に出したが、案の定故障してないとの返答が。
というのもどうも短時間の計測だと異常が出ず、メモリーにデータが溜まってきた頃におかしくなる節があったからだ。
なので個人情報含むから消しとけと言われてたログファイルを送って説明したら交換してもらえてとりあえず一件落着。
だた自分はeTapのギアをモニターしてるので、それが原因だとまた調子悪くなるんじゃないかとちょっと心配。

・富士ゾンコランDNS
エントリーしていたもののあいにくの雨予報(cyclowiredさんの記事見る限りやはりフルウェットだったようだ)。
並のコースなら突撃しているところだが、そこは日本最高の激坂あざみライン。
斜度15%をまともに下山できる自信がなかったのでDNSとした。
一回落車すると肉体的にも経済的にも精神的にも失うものが大きいからね。
バイク壊すより参加料と宿・切符のキャンセル料の方が安いってもんだ。
乗鞍といいどうも今年は遠征時の天気運が悪い。
これがあったのでゆうに出ることを決めた。

・ニューバイク
GAN Sからは今年いっぱいで乗り換えようと思っていたのだがダルガの敗戦を機に計画を前倒すことに。
3つの候補がありその中から決めたのだが、実は第一希望だった機種が日本に全く入ってきていないとのことでそれは諦めざるを得なかった。
既に納品済みで本日宅配される予定。

IMG_1052.jpg
現車からのパーツ取り・メンテも終えて今日組んで日曜はシェイクダウン、と思っていたのだがその前に思わぬ問題が発覚。

IMG_1053.jpg
なんと外したセライタリアSLRのシェルがセンターでばっきり割れていた。
なんか最近やたらしなるなぁとは思っていたが…、自分体重50kg前半だし1年半で割れるもんかね。
普段シートマウントに隠れてるし、ポジションが出てからは増し締めだけで外すこともなくて全然気が付かなかった。
やっぱ年1でフルオーバーホールはやらんといかんな。
代わりのサドルはどこもかしこも完売で、昨日のようやく確保できた。
まあ結局土日は完全雨っぽいので丁寧に組みます。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR