高取城戦国ヒルクライム2017(&木曽合宿)

グランフォンド吉野からそうこうしているうちに高取城になってた(汗)。
というのも7月に入ってから夏バテで一気にコンディションダウン、全くパワーが出ず軽くスランプになっていた。
しかし、しつこくトレーニングを重ねて8月に入る頃には富士ヒル時点程度まで復調。


IMG_0995.jpg

それからお盆は木曽福島をベースに2泊3日の高地トレーニングに行っていた。
本当は別記事でちゃんと書くつもりだったのだが、残念ながら天候に恵まれず、
初日:予定通り1800mの御嶽山6合目黒沢口までのヒルクライム
2日目:乗鞍を目指すが雨で30㎞地点の境峠(1400m)でUターン
3日目:ヒルクライム王滝コース予定だったが本降りDNS
と結局120kmしか走れず書くことがなくなってしまった。

IMG_0999.jpg
清流だった木曽川は3日目朝には濁流に…。

が、高地に滞在するだけでも相当の効果があり、帰ってきてからの柳谷TTはついに11分台を達成(StravaはGPSの追従遅れで12分台…)。
なんだかんだ今回もレース本番にピークを合わせることができた。



当日は去年と同じく橿原神宮前からウォームアップ自走をして会場入り。
今回京都西山勢はKentaroさん、merulaさん、kameさんが出場。
3人とも上位を狙える面子の中でプレッシャーが高まる…。

吉野大峰と違っていつものゆるゆる開会式を終え、スタート地点へ。
去年の失敗を生かし今年は真水を満タンで用意し、スタート直前に捨てるようにした。
去年より涼しかったとはいえ影のない場所で30分近く待つことになり、このことを知らなかった周囲のノーボトル組の間には悲壮感が漂う。

かくいう自分も要綱よく読んでなくてKentaroさんに言われて初めて気が付いたのだが、今年からスタート人数が10人→クラス全体(30~40人)に。
序盤のアップダウンをこの人数は怖いよ!

とにかく集団に埋もれないようにとスタートし、上手い具合15番手ぐらいを確保。
人数が増えたせいか序盤は緩いペースで進んでいく。

ところがしばらく行った長い下りで突然ガタンと何かを踏み付けた。
直感的にキャッツアイを踏んだと気付き、反射的にセンターライン上から逃げて二次被害は免れた。
完全に油断していて結構危なかったが、幸いきれいな乗り上げ方で各部に問題もなくレース続行。

T字路を10番手くらいで通過し登り区間へ。
今年は自分のペースでと思っていたのだが前がいるとついつい追ってしまい、kameさんより先行してしまう。
パワーメーターを見るとさらっと300Wくらい出ていて、kameさんにゴール後「あれは完全にオーバーペースだと思ったよ」と言われる始末。
残り1.5kmくらいまで歳が近くていつもお隣スタートのG氏らとバトったが結局タレて千切られ、kameさんにも捲くられる。

そして平坦区間はぎりぎりのラインを攻めつつ、魔の直角コーナーへ。
結構ブレーキングで突っ込んでしまい、前輪が浮き砂で流れ気味になるが何とか曲げてラストスパート。

ゴールタイムは手元計測で19:20ほど。
スタート/ゴールの時計合わせをミスったようで張り出しリザルトは盛大にタイムがズレていたが、後で修正が入り公式19:21でAクラスで8/35位と今年初のシングル順位。
FABU主催の中でおそらく最もレベルが高い高取でこの順位は十分。
去年よりも1分半以上更新し、楽しいバトルもできたので自分的には満足な内容だ。
ちなみにこのタイムは去年の総合優勝タイムよりも早い。
去年は10人スタートと酷暑で相当の悪条件だったようだ。

IMG_1013.jpg

西山勢はKentaroさんのBクラス3位を筆頭に全員シングル順位。
実力は4人中自分が一番下だが今回はmerulaさんにタイムで勝てた。
自分の方がレース慣れしている分序盤の集団で温存できたし、展開もmerulaさんたちのBクラスの方が厳しかったようだ。

次はついにKentaroさん、merulaさんとの直接対決となるダルガ峰。
何とか表彰台といきたいところだ。

にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦2年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR