FC2ブログ

決戦タイヤ決定

昨日はいつものアルプコースのZwftレース。
何故か全然パワーでなくて苦しんだけど、思ったほど順位が悪くない?
というか、知ってる方々も軒並み撃沈気味。
終わった後、外を見たら通り雨があったらしく道路が濡れている。
ということは…と天気図を見ると、ちょうど低気圧が通り過ぎたところ。
ほぼ列島全体に低気圧が掛かっていたので、それで日本人はパワーダウンしてたのか…。


今朝は決戦タイヤ候補その2、最近話題のGP5000をテスト。
R1Sは軽くなる=ゴムの量が減るため転がり抵抗が低下するはずなのだが、トラクションが十分掛かっていない気がする。
GP5000は元々吉野大峰や奈良6峠の悪路対策で導入する予定だったので、藁をもすがる気持ちでポチった。
結果12:10と十分合格といえるタイムが出て採用決定。
ちゃんと踏んだだけ進む感覚があるし、パンクを気にしなくていいというのはありがたい。
R1Sからは1本55gの重量増だが、ホイール外周は重い方がいいという自分の理論が確固たるものになりつつある。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

シーズン開幕前恒例の

出勤前に柳谷で決戦用R1Sのテスト。
で、あり得ない遅さで轟沈するまでが恒例行事。
通常仕様で安定して12分半前後で走れていたのが、突然13分を叩き出す。
・前日がっつりZwiftレース
・気温1℃で厳冬期タイツほかフル防寒
・時間がないからほぼノーアップで突入
というマイナス要因満載だったにしても平均20W落ちはおかしい。
ちゃんと転がり抵抗が低いデータは出ているはずなのに踏みは重く、失速感が酷い。
やはりR1Sではホイール外周が軽くなりすぎるか・・・。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

不整脈?

今日は六甲。
結構いいペースで登っていたものの上の交互通行2か所にほぼフルで引っ掛かり45分近くて意気消沈。
止まってなければ41分くらいだったのに・・・。

その帰り道。
後続車から逃げようとちょっと踏んだ所で突如体から力が抜ける。
まさに血流が止まったような感じで、心拍数が173から144まで垂直降下。
すぐに回復して普通に走り続けられたものの、多分不整脈だろう。
最近追い込んでたし、無理が祟ったかな?
明日はローラーするにしてもZwiftレースは止めよう。

菰野まであと3週間。
六甲はこんな感じだし、来週以降は花背にするかと思っていたものの、なんと花背も明日から工事が入って全面通行止めらしい…。
仕方ないから金勝山と生駒山系でなんとかするかねぇ。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

パイオニアパワーメーター修理完了

SGY-PM910VRを先週の日曜に修理に出して今日戻ってきた。
で、原因は…

IMG_1623.jpg


実は買ってからずっと調子が悪く、例えばレースなどでスタート前の待機時間が長く直射日光でクランク温度が気温以上に上昇した時は後半パワー計測値が上がる。
逆に涼しい朝に校正を行ってスタートした時は、日中気温が上昇すると計測パワーが
低下していく傾向があった。

この段階でクランクの熱膨張によるひずみゲージの校正ズレを正常化する温度補正が機能していないことには気が付いていた。
しかしネット上にはそれっぽい情報はなし。
さらに自分は右足のペダリングにあまり自信がなく、それで変なことになっている疑念が抜けきらず、修理を決意できず1年近く放置していた。

それがここ最近のレースのデータを分析していてようやく確信に至った。

20180922001.png
これは美ヶ原の実測タイムとパワーシミュレーションの差。
パワー値をそのまま使うとがっつりズレていたのが、ガーミン計測の温度で線形補正しただけでほぼ誤差レベルで一致。
同じくズレてた若杉とかダルガとかもこれで補正成功。
直射日光での温度上昇→走行風クーリングというクランクと似た状況になるガーミン計測の温度を使うことがミソだった。
9100クランクが真っ黒なせいで温度上がりやすいのもズレまくってた原因の一つ。

パイオニアさんにちゃんと対応してもらえて本当に助かった。
経営厳しそうだけど、何とか頑張って欲しい。

今日は走れなかったので明日実走で確認。
ちゃんと直ってるといいな。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

とりあえず600TSS/week目指す

今までTSSとか全然気にしてなかったのだが、本格的に練習量の管理をすることにした。

最近は450TSS/weekで、Strava統計でCTLが60程度で横ばいになってしまっていた。
あとダルガ前は抜きすぎでCTL57まで落ちてた。

Stravaだとメニュー立案ができないのでTSBシミュレーターを利用。
富士ゾンコランまでにCTL70まで上げるとして550~600TSS/weekいるらしい。
土日で200~250でを稼ぐとして、平日に例えばZwiftレース100*2回とSST 1h 75*2が必要とかなりしんどい…。
こんなの無理やろ、と思ったものの試しに1週間続けてみることに。

で、やってみると案外いける。

IMG_1597c.jpg

IMG_1604c.jpg

別に疲労困憊というわけでもなく、むしろ案外脚が回ってZwiftレースも好調。
この1週間で劇的な変化があったのはふくらはぎで、無駄な筋肉が落ちて軽くなりハイケイデンスを維持できる少し前状態に戻った。

20180910004.png
(練習前TSBは当日0TSS表示に改造)
ただしこの練習量だとTSBがずっと-10以下になってしまうのがちょっと心配。

20180910003.png
去年はここまでやってしまい気管支炎になって終わった。

今週は仕事が比較的落ち着いていてローラーの時間を十分とれたけど、毎週はきついかも。
CTL100とか4000TSS/monthとかって人はやっぱバケモノやな…。


にほんブログ村 自転車ブログ ヒルクライムへ
にほんブログ村

プロフィール

かわせみ

Author:かわせみ
東京出身の軽量クライマー。
HCレース参戦3年目。
大阪柳谷をホームに京阪神の峠に出没中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR